毛筆の経営理念ができるまで

書道家の山村龍和です。

今日は毛筆理念ができるまでをご紹介します。

 

①ヒアリング

ヒアリングシートをもとに、理念への思い、今後の展望、書体、額縁の雰囲気など

完成のイメージをすり合わせます。

 

②下書き

イメージをもとに下書きをします。下書きの際には字典という専門の本を用いて、

モチーフとなる書体を探し、アレンジしていきます。

 

③清書

下書きにOKをいただきましたら、清書をします。墨は製造後2~30年の墨色のさえる古墨、

墨をするお水は日本国内のパワースポットのお水。会社の永続発展の祈りを込めます。

 

④乾燥、裏打ち、表装

清書できると、作品を約5日~10日間、自然乾燥させます。

その後、和紙のしわを伸ばす裏打ちという作業を、京都の経験豊富な表具職人さんにしてもらいます。

 

 

⑤額装

提携工場で作成したオリジナルの額縁に、作品を張り込み、完成です。

 

 

毛筆で書くことだけではなく、さまざまな職人さん、多くの人たちの

ご協力によって世界に1つの貴社だけの作品が仕上がっていきます。

 

お見積り↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です