毛筆経営理念へのこだわり【紙編】

2014年11月、和紙がユネスコの無形文化遺産に登録されました。

和紙は世界で最も長持ちする紙としても知られます。

奈良県の正倉院には、

1300年前の和紙が当時と変わらず残っているほどです。

和紙の制作工程には機械漉きと手漉きがありますが、

毛筆経営理念をお書きするときは

より繊細な手漉き和紙を使用しております。

ちなみに、和紙は湿気を吸いやすい性質があります。

雨の日などは墨の色が美しく出にくくなるため、

作品制作を控えるか、アイロンをかけるなどの

対策を講じる必要があります。

書道家・龍和の毛筆企業理念

➡ http://ryou-wa.com/rinen/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です