書道と習字の違い

よくこんな質問を受けることがあります。

それは、

書道と習字の違いです。

この違いを知りたくて、
このブログに辿り着いたという方も多いようです。
ご訪問ありがとうございます
よく似た言葉ですが、違います。

では、どう違うのでしょうか・・・・・??

「習字」
習字とは、文字通り、文字を習うことです。
そして、美しく書くための練習であり、
お手本のとおりに書くことです。
読み書きそろばんのひとつといえるでしょう。
ほかの言い方では、「書き方」とか「書写」とか言います。
毛筆だけでなく、ペン字や鉛筆などの硬筆はこれに入ります。

「書道」
書道とは、「書」とも言います。
毛筆を使って文字を書き
お手本を見て美しく書くことだけではなく、
そこに個性を出しながら自分を表現する一つの芸術です。
精神修養的な要素を指して道がつき「書道」と言います。
ちなみに、私自身はこの中でも
「書」という言葉が一番好きです。
習字ではなく、精神修養的な書道でもなく、
より芸術性を追求した響きがある「書」。

余談ですが、昭和23年(1948年)10月に、
日展に書の部門が開設されるにあたって、
部門名を「書」にするか「書道」にするか
という議論があったそうです。
当時、書の世界の精神的支柱となっていた
豊道春海翁(1878年~1970年)は、僧侶ということもあり
生涯にわたって「道」を説いた人で、「書道」としたかったそうですが、
春海翁の師匠の子、西川寧氏(1902年~1989年 昭和の三筆)が
「書」を提唱し、春海翁もそれに応じたそうです。
このところ、春海翁が師の子、寧氏に全幅の信頼を
寄せていたことがうかがえますが、
寧氏はこの言葉になにを託したのでしょうか。

中国では書法、韓国では書芸、日本では書道が通用していた当時、
守旧の「道」という概念を払拭し、
「書ハ美術タリ」
という思想をこの言葉に託したかったのではないでしょうか。

私は、独立独歩の芸術家道をよしとしていますが、

「書ハ美術タリ」という想いがいつも根源にあります。


企業理念を毛筆で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です