山村龍和(りょうわ)1984年奈良県出身。7歳より筆を持つ。
日本有数の書の専科に進学。伝統的な書の研鑽を積む。
三重大学教育学部卒業後、書道家として独立。
2010年渡米。NewYorkで世界的なアーティストや社会活動家、
ハリウッド俳優と出会い、大きな岐路となる。
それ以降、作風は一変。「アートとしての書」に開眼する。
2011年、芝田町画廊での個展中、将棋の羽生善治氏と対談イベントを開催。
異分野とのコラボで話題を集める。現在は京都を拠点に作品を発表。
国際書芸協会代表理事。日本胎教協会®発起人。

目標:2057年文化勲章受章
2020年NHK大河ドラマ題字制作 

   世界のアートシーンで活躍する

Ryowa Yamamura was born in Nara Prefecture in 1984, and, from a young age,
was brought up surrounded by Shintoism and Buddhism.
This had a great influence on the formation of his personality.
At the age of 7, on his parent’s recommendation, he started calligraphy.
Following this, he devoted himself to this and entered a high school
specializing in calligraphy, which is rare even for Japan,
and earnestly studied traditional calligraphy.
After graduating from the educational department in Mie University,
he first aimed to be a lecturer,
but “wanting to live doing what he truly wanted to do”,
he started out independently as a calligrapher.
In 2010, from the introduction of an acquaintance,
he stayed in New York.
He was greatly stimulated through interaction with artists,
movie actors and social activists active throughout the world.
His creative style did a complete turnaround after this.
Rather than being limited by traditional calligraphy,
he expressed his inner self as a free concept.
In other words, his eyes were opened to “calligraphy as art”.

●メディア
・2011.9.23 yahoo!ニュース 個展「龍和展」 報道
・2011.12.11 TV朝日「新婚さんいらっしゃい!」
・2012. 2.16 TBS系「ひるおび!」
・2014. 8.8 TBS系「ごごネタ!」
・2017.5.7 KBSニュース「お宝祭」報道

●展覧会
・2011年龍和展 芝田町画廊
ゲスト対談 将棋棋士 羽生善治氏
「羽生善治×龍和」特別対談 無料レポートをプレゼント(期間限定)

・2012年 MATSURI in NewYork
・2013年 ArtExpoNewYork2013
・2014年 日本の書展

●対談(敬称略順不同)
羽生善治(将棋棋士)
明和政子(京都大学大学院教育学研究科教授 東京大学客員教授)

 

●ライブパフォーマンス


・龍村仁監督『地球交響曲』オープニング


龍馬プロジェクト(同志社大学)
当日ゲスト:株式会社H.I.S 澤田秀雄氏 ギタリスト・ウルフルケイスケ氏


1000人の前で祈りをこめた希望